日本人の平均寿命

日本人の平均寿命が過去最高

2016年7月27日、厚生労働省は平成28年の日本人の平均寿命が過去最高を更新していると発表しました。女性の平均寿命は87.14歳、男性の平均寿命は80.98歳。2015年と比べると、女性は0.15歳、男性は0.23歳延びて、男女とも世界2位となりました。

厚労省の担当者は「がん、心疾患、脳血管疾患の三大死因の死亡率低下が、寿命の伸びに寄与している」と分析。

平均寿命の長さを世界の国・地域と比較すると、男女ともに世界1位は香港で女性は87.34歳、男性は81.32歳。日本の女性が2位になるのは2年連続。男性は前年は4位だったのが、10年ぶりに2位となりました。日本の2位に続き3位は男性キプロス80.90歳、女性3位はスペイン85.42歳。

死因については悪性新生物(がんや腫瘍)、心疾患などが多く、特に90歳以上となると悪性新生物よりも肺炎や心疾患による死亡確率の方が多くなっています。

詳細は厚生労働省のHPでみることができます

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life16/index.html