ニュース 健康

自分の歯が多く保たれている高齢者は健康寿命長く、要介護日数が短い

 

高齢者の方が最も多くの悩みを抱えている歯の寿命。
毎日の衣食住の中で、健康な歯を保つことが欠かせないのではないでしょうか。

 

歯の本数=歯の長寿

 

2017年6月28日に東北大学大学院歯学研究科では、「高齢期に保持できている歯の本数が多い人は健康で長生きである」という研究が発表されました。

 

東北大学大学院歯学研究科は、
・要介護になる前の歯の本数
・寿命・健康寿命(日常生活に制限のない期間)・要介護でいる期間の関連を調べました。

 

その結果、自分の歯が多く保たれている人は、寿命が長いだけでなく、健康寿命(日常生活に制限のない期間)が長く、要介護度2以上でいる期間が短いと分かりました。

 

そして、シニアの方の歯の健康を保つことが、健康寿命の延伸と要介護でいる期間を短縮する可能性があると示されました。

 

歯の研究結果

 

この研究成果は、2017年6月13日「米国科学誌:Journal of Dental Research」に掲載されました。

 

(出典:東北大学HPプレスリリースより 2017/6/28)