高齢者のためのシニアに関するニュース

ジモトのココロより転載

『田舎暮らしの本』を発行する株式会社宝島社が、「2016年版 住みたい 田舎 ベスト ランキング 」を発表しました。2012年からスタートしたこの調査は、定住促進に積極的な市町村に10ジャンル全106項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化しランキング形式で紹介しています。
今回は過去最多となる574の市町村から回答が集まり、兵庫県朝来(あさご)市と鳥取県岩美(いわみ)町が総合1位を同率で獲得しました。 どちらの市町村も「子育て、住宅、雇用など移住者支援が充実している」など家族で定住がしやすい要素で、総合的に点数が高かったことから選ばれています。

また第3位に佐賀県武雄(たけお)市、大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市、大分県宇佐市の九州3県が同率で並ぶなど、九州地域のちからの入りが感じられました。

アンケート回答市町村数も前回から倍増し、2016年度は順位が大きく入れわったとのこと。

第1位 兵庫県(朝来市)、鳥取県(岩美町)

第3位 佐賀県(武雄市)、大分県(豊後高田市)、大分県(宇佐市)

第6位  長野県(伊那市)

第7位  島根県(大田市) 島根県(飯波町)

第9位  鳥取県(鳥取市)

第10位  富山県(南砺市) 長野県(飯島町)