団塊世代とマルチハビテーション

団塊世代の2地域居住マルチハビテーション

1947~1949年に生まれた戦後ベビーブーム世代「団塊世代」が、2007年から60歳に到達しました。現在の日本の企業の大半が定年制を定めているため、2007年から2010年にかけて大量の定年退職者が出ることになります。  そのため団塊世代の大量定年に合わせ国土交通省が推奨しているのが2地域居住のマルチハビテーションです。

 団塊世代のマルハビの需要は、一般的には田舎と都会に住居を構えて2地域で生活するスタイルですが、近所に家を構え、独立した子どもたちと、つかず離れず近所で暮らす「2世帯近居」。

そして、夫婦で海外や国内のリゾート地などで悠々自適に過ごす「ロングステイ・長期滞在」など、様々な暮らしスタイルが求められるようになっています。

また、「団塊世代」をターゲットに、人口が減少傾向にある地方自治体も「故郷U・I・Jターン促進」の人口誘致施策を進めています。

  • Uターン・・・都会で働いた後に再び生まれ育った故郷に戻って生活する
  • I ターン・・・生まれ育った場所以外に移り住んで生活する
  • Jターン・・・都会で働いた後、故郷の近くに戻って生活する

 上記のU・ I ・Jターンの他に、過去に転勤などで居住したことのある、いわば第2の故郷に、定年退職や再就職を機に戻り住むとNターンとという現象も見られるようです。

今後、団塊世代と、そのジュニア世代を含めて”豊かな暮らし方”マルチハビテーションが、ますます増加するものと考えられます。