有料老人ホーム系(厚生労働省管轄)

サービス付き高齢者向け住宅有料老人ホーム

法改正後、有料老人ホームの認定受けた施設でもサービス付き高齢者向け住宅の認定をとることが可能になった。そのため、有料老人ホームの認定とサービス付き高齢者向け住宅の認定をを受けた施設がこれに該当する。

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準は住宅系「サービス付き高齢者向け住宅」を参照。

有料老人ホーム

老人福祉法によると老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であつて厚生労働省令で定めるもの(以下「介護等」という。)の供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む。)をする事業を行う施設であつて、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないものをいう。
都道府県によって独自の設置運営基準を設け指導をおこなっており、全ての要件を満たすことによって認定される。
また、有料老人ホームは設備・サービス内容によって下記の3つの種類への分類が必要とされる。

主な登録基準

準備中

介護付有料老人ホーム

介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となっても、当該有料老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら当該の有料老人ホームの居室で生活を持続することが可能です。(介護サービスは有料老人ホームの職員が提供します。)

介護付に必要な主な登録基準

準備中

住宅型有料老人ホーム

生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの住宅施設です。介護が必要となった場合、入居者自身の選択により、地域の訪問介護等の介護サービスを利用しながら当該の有料老人ホームの居室で生活を持続することが可能です。

住宅型に必要な主な登録基準

準備中

健康型有料老人ホーム

準備中

健康型に必要な主な登録基準

準備中

厚生労働省「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」参照