イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~18:00
  • 日曜定休
無料で資料請求する
 

医療・福祉・健康ニュース

ネオマーケティングが、全国の20歳~69歳の1000人に聞いた「寒さ対策に関する調査」の結果を明らかにしました。同調査は11月15日〜17日、全国の20歳〜69歳の1,000名を対象にインターネットで実施したものです。以下、質問と回答をご紹介します。

 

<h2>寒さ対策に関する調査

 

●冬場に行なっている寒さ対策は?

 

冬場に行なっている寒さ対策は?

冬場に行なっている寒さ対策は?

最も多い回答は「上着を着る」となり73.1%が回答しました。
次いで「暖房をつける」67.6%、「暖かい肌着を着る」66.7%と続きます。
性別で見ると、全ての項目で男性よりも女性が多く回答しています。男性よりも女性は寒さを感じやすいのか、対策をしっかり行なっているようです。

●冬場の体温管理に関する悩みは?

 

冬場の体温管理に関する悩みは?

冬場の体温管理に関する悩みは?

最も多い回答は「室内と室外の寒暖差に応じての調整が大変」(41.6%)、「上着を脱いだときに荷物になる」(35.3%)、「着ぶくれする」(28.2%)という回答が多かった。性別で見ると、女性は「寒暖差に応じての調整」が特に多く、47.2%と約半数が回答しています。

●冬場に着る衣類に求める機能は?

 

冬場に着る衣類に求める機能は?

冬場に着る衣類に求める機能は?

「値段が手ごろ」(54.6%)よりも「保温性」(78.0%)が多く、保温性を重視していることがわかりました。ムレが感じやすい人も多いのか、「通気性」も33.1%と高くなっています。

 

●冬場に身に着ける防寒用インナー(機能性素材を含む)は?

 

冬場に身に着ける防寒用インナー(機能性素材を含む)は?

冬場に身に着ける防寒用インナー(機能性素材を含む)は?

冬場の防寒用インナーについての回答は「長袖の肌着」を着用している方が最も多く63.4%が回答しました。次いで「靴下」57.3%、「レギンス・スパッツ・タイツ」47.4%と続きます。特に女性の6割以上が着用していることがわかりました。また、「冬場に防寒用インナーは使用しない」と回答した方は13.4%にとどまりました。約9割の方が機能性素材を含む防寒用インナーを着用していることがわかります。

●就寝時の寒さ対策について

 

就寝時の寒さ対策について

就寝時の寒さ対策について

最も多い回答は「布団を増やす」(47.1%)。次いで「厚着をする」(33.4%)、「靴下を履く」(23.1%)と続きます。
体温は日中活動している間は高く、夜には下がり眠くなります。日中と夜の体温落差が大きいほど眠気が強くなり、深く熟眠できるといいます。そのため、眠りにつく前に少し体温を上げておくと、眠りにつくタイミングで脳が体温を下げる指令を出すため、スムーズで深い眠りが得られやすくなります。

就寝時や活動時はインナーを使い分ける

 

大阪府立大学名誉教授・清水教永博士は以下のようにコメントしています。
熟睡のポイントとして「就寝時や活動時のインナーを使い分けること」を提案しています。近年は「吸湿発熱素材」「蓄熱性保温素材」「遠赤外線保温素材」など、さまざまな繊維・素材のインナーが発売されていますが、中には睡眠時は効果を得にくいものもあります。

吸湿発熱素材は、身体から発せられる水分を吸収して発熱します。運動や睡眠などの発汗量が多い場面で、本来は温度を下げたい状態でも発熱するデメリットもあります。
蓄熱性保温素材は、太陽光などの光で発熱しますが、就寝時などには効果を得ることが難しいデメリットがあります。そして遠赤外線保温素材は、体温域の遠赤外線の輻射によって“身体”そのものを温める機能を有しています。“体温をまとう”という保温のメカニズムによって連続装用に適した素材です。

体温を下げることができない寒さ対策ではかえって熟眠できないので、就寝時や活動時のインナーを使い分けることで、暖かな冬を過ごしてみてください。