イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~18:00
  • 日曜定休
無料で資料請求する
 

医療・福祉・健康ニュース


口の機能が低下している高齢者は転びやすいとの研究を、神奈川歯科大の山本龍生教授らのチームが米科学誌プロスワンに発表しました。口の不健康が体のバランス機能の低下につながっている可能性があるようです。



2010年時点で過去1年に転んだことがない65歳以上の男女約4万人について、口の機能と12~13年にかけての転倒回数との関係を調べたところ、口の渇きが気になる男性は41%、お茶や汁物でむせる女性は64%と、転倒リスクが高く、男女とも、歯が19本以下で入れ歯を使っていない人は、20本以上ある人よりリスクが高いという結果が出たそうです。

同教授「口の機能を保てば転倒を防げるかもしれない」とのことです。

物を噛むと脳は刺激され、残存歯が少ないと脳の働きに影響が出るとの研究結果もあり、歯が無い人の認知症リスクは高くなるそうです。

口の中を清潔に保つことで、口腔内だけでなく体全体を健康を保つことができます。日ごろから正しい「口腔ケア」を心がけ、元気に自分らしく生活したいものですね!