イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~18:00
  • 日曜定休
無料で資料請求する
 

医療・福祉・健康ニュース

介護保険制度による介護サービスを利用するには「要介護認定」を受ける必要があります。どのように手続きを進めれば良いのでしょうか。流れを見ていきましょう。

 


要介護認定を受けるにはどうすればいいの?

STEP1 市区町村への申請

各市町村には介護保険課などがありますので、要介護認定の申請に行きましょう。まずはお住まいの市町村の窓口に、要介護認定の申請に必要な書類や注意事項などを聞いてみましょう。書類の提出先は同じく、各市町村の担当窓口です。
⬇︎

STEP2 要介護認定の訪問調査

各市区町村の職員または委託されたケアマネージャーなどの調査員が実際に家庭を訪問して、どの程度の介護が必要か判断します。訪問調査の際は必ず家族の同席が必要です。
⬇︎

STEP3 要介護認定の審査

医療、福祉、保健の専門家によって構成されている介護認定審査会で審査されます。

STEP4 要介護認定

介護認定審査会の結果、以下いずれかの区分によって通知が届きます.
非該当(自立)
要支援 (1 .2)
要介護(1〜5)


認定結果に応じたサービス内容

「要支援1」「要支援2」:介護保険の介護予防サービスを利用することができます。
「要介護1~5」に認定:介護保険の介護サービス(在宅・施設)を利用することができます。


「介護が必要」その時どこに相談に行けばいいの?

家族や自分に対して「介護が必要」と思うきっかけは怪我や病気であることが多いのですが、認知症など、身体的には問題がない場合もあります。まずは日常生活の流れと、その中で自力では難しいこと、困っていることなどを整理しましょう。

そして状況や症状などを、まずは医師に相談します。要介護認定に必要な書類の中に「主治医の意見書」がありますので、意見書を書いてくれる主治医を決めておくことは、とても重要です。
それから各市区町村に要介護認定を受けたい旨、相談をします。一般的には「介護保険課」が窓口となっていますが、ひとまず総合案内に聞いてみましょう。提出書類や認定までの流れなどについて説明を受けることができます。

前もって市区町村の窓口に連絡を取り、用件と相談に行く日時などを伝えておけばスムーズです。


在宅介護で利用できる介護サービスとは?

在宅介護をサポートしてもらえるサービスとして、「訪問介護」があります。介護福祉士やホームヘルパーなどが自宅に訪問して食事、排泄、入浴、衣類の着脱など日常生活の介助、料理や洗濯などの生活援助を受けることができます。
料金は介護度によって異なります。

要支援1、2の場合
週1回:1,226円/月
週2回:2,452円/月
週2回以上:3,889円/月

要介護1~5の場合

身体介護
20分未満:165円/回
20~30分未満:248円/回
30~60分未満:394円/回

1時間~1時間半未満:575円/回

生活援助
20~45分未満:181円/回
45分以上:223円/回

(2018年度)

上記料金は地域や施設によって異なることがありますが、およその目安です。利用するには市区町村の窓口、もしく民間の業者に相談する方法があります。ひとまず市区町村の窓口に相談してみることをおすすめします。