入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

住宅系施設と有料老人ホームについての説明

高齢者用のサービスが付いたマンションから、介護付きの老人ホームまで、高齢者向けに色々な種類の住まいが提供されています。それぞれの施設によって居室や共有部分などの設備や提供されるサービスに違いがあり、それに合わせて費用も異なるので、ご自分のニーズに合った住まい選びをしましょう。


有料老人ホームの種類

有料老人ホームには大きく分けると、「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」があります。その定義は、

食事の提供、介護、健康管理、洗濯・掃除などの家事の、いずれかのサービスを提供している施設のことです。

介護付き有料老人ホーム

掃除や洗濯、入浴、排泄など、住まいと食事や生活支援のサービスが一体となって提供される、各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームのことをいいます。
介護サービスも同一事業者から提供を受ける場合が多く、要介護1以上の方を入居対象に限定したものが「介護専用」型、要支援や要介護認定されていない健常者が入居できるのが「混合型」です。

住宅型有料老人ホーム

 施設内に介護スタッフが常駐しておらず、民間事業者が運営する住宅型の有料老人ホームです。自立、または要支援状態の高齢者や、介護付き有料老人ホームに入居する人よりも軽度の要介護者を受け入れています。
介護が必要なときには訪問介護や通所介護などの在宅サービスを利用します。


サービス付き高齢者向け住宅

 国土交通省と厚生労働省の共管で平静23年10月からスタートした新しい高齢者の住まいです。高齢者にふさわしい建物(バリアフリー構造・基準の設備と面積)と、安心できるサービス(安否確認・生活相談)が必要となっています。
都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅で、民間事業者よって運営されています。安否確認や生活相談の提供が必須とされ、食事の提供も必要に応じて行うことが多いです。
介護などのサービスは、住宅の運営主体や外部の事業所と別に契約を結ぶことで提供されており、自立あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。


分譲型シニアマンション

 分譲型シニアマンションとは、高齢者の暮らしやすさを最優先に考えた分譲住宅です。ほぼ全ての家事を施設スタッフに頼むことができ、バリアフリーや安否確認見守りシステムなど、シニアライフを満喫するための設備が完備されています。分譲形式のため物件は資産として手元に残り、売却や賃貸なども可能です。
介護状態の度合によっては、外部サービスの利用が必要です。そのため介護が必要になった場合は、他の施設へ移動という可能性があります。