入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

3-1.ご自分に適した施設を選ぶために

施設選び

これから“住み家”となる施設。自分にピッタリな施設を選ぶためには、チェックすべき大切なポイントがあります。ポイントは、大きく5つです。

1.費用

施設を選ぶ上で、非常に重要になるのが「費用」です。民間の施設(有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅など)では、入居一時金や月額費用などがかかります。公的な施設(老健・特養・療養型施設)は、入居一時金などの初期費用がなく、月額費用を毎月支払うという仕組みです。
また、民間の施設にも種類があるため、どの施設を選択するかによって費用に大きな差が出てきます。無理のない料金設定で、安心して住むことができる施設を選択することが大切です。

2.地域

施設が立地している「地域」は、施設選びの際に大切になるチェックポイントです。自立した生活を送りたい・慣れ親しんだ場所で暮らしを継続したいのであれば、今ある家の近くで、施設選びをすることがベストです。遠方のご家族の近くに住みたい場合は、環境の変化を考慮の上、施設を選択する必要があります。また、施設が立地する地域によって、費用面に差が出てきます。地域と費用面を合わせて、ベストな施設選びをしましょう。

3.ケア・医療体制

安心してシニアライフを過ごすためには、施設でどのようなケアを受けることができるか事前に見て調べる必要があります。国が定める最低基準は、入居者3人に対し介護スタッフ1名以上です。スタッフが多ければ多いほど、手厚い介護を受けることが可能になります。
また、体調面を考慮した際、医療体制も重要なポイントです。特定の持病や疾患などがある場合は、対応してくれる施設なのか確認する必要があります。看護師が常駐しているのか、提携の医療機関が近隣にあるのか、緊急時の対応はどのようになっているかなど、医療体制がどれだけ整っているのチェックしましょう。

4.施設スタッフの質

入居し生活する際に、最も触れ合う機会が多いのが“施設スタッフ”です。スタッフの雰囲気・力は、施設で心地よい生活を送るために重要な要素です。親切且つアットホームな雰囲気を提供してくれるスタッフがいる施設であれば、穏やかで安心した暮らしを送ることができるでしょう。施設見学の際、実際のスタッフの対応もチェックすることが大切です。

5.設備

施設を住み家にする上で、施設の設備がしっかりとしているかどうかも重要なチェックポイントです。医療・介護に関する設備や、娯楽面としての施設が整っているかも確認しましょう。車椅子を使用した際、廊下や居室内でじゅうぶんに動くことができるスペースがあるかどうか・ドアは開けやすい形状であるかどうか・床の材質は滑りにくいものであるかどうか。
また、大浴場(温泉)があるかどうか・散歩をする庭や景色を眺めることができるバルコニーがあるかどうか・緑が多い環境かどうかなど、充実した生活を送ることができるかの判断が必要です。



住み家となる施設選びは、非常に重要です。数ある施設の中で、自分が一番住みやすいと感じた施設に住むために、事前の準備や確認をしっかりと行っていきましょう。