入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

お知らせ

介護する上で欠かせないのが食事であり、介護される側にとっての日常の楽しみとなります。介護食を用意するのは、自宅での介護者です。いかにして介護の負担を減らすかというコツは、“市販の介護食品の利用”にありました。

キューピー株式会社「介護にまつわる意識調査」(2018年11月8日)によると、市販の介護食品の利用が増えているということがわかりました。



「市販の介護食品を利用しているかどうか」という質問に対して、「すべて手作り」は30.4%。「手作りと、市販の介護食品を利用」と答えた人が約半数の52.7%でした。

2017年での同調査結果では、すべて手作りが12.9%減少し、手作りと、市販の介護食品を利用している人が15.4%増加しています。

また、7.1%の人がほとんど市販の介護食品を利用し、9.8%の人が豆腐やレトルトのおかゆなど、介護食として販売されているものではない通常の加工食品を使用していました。

手作りで介護食を作っている人が基本的にはいるものの、市販の介護食品の利用が増えつつあるのが現状です。

市販の介護食品は、栄養バランスはもちろん消化吸収が良く、噛みやすさ・のみ込みやすいもので、飽きがこないように美味しさを追求されています。様々な食品メーカーから多数販売されており、スーパーをはじめドラッグストアでも購入することができます。

平均寿命が右肩上がりの日本において、自宅での介護は長期にわたる傾向にあります。無理なく介護を継続するためにも、3食の中のうちの1品や1食の中の1品として、市販の介護食品を上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。

(グッドライフシニア 編集部)